読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NinaLabo

個人ゲーム開発者の技術メモ

集中力を高めるには

「気が付けば1ヶ月ほど更新していなかったですね」

このセリフ、ブログの書き出しの決まり文句になりつつあります・・・

ブログは更新してなかったのですが、開発は粛々と進めてました。と言いたいところですが、最近プライベートがトラブル続きで、正直この数週間何も手につかなかったです。個人でゲーム開発をするようになってから、どころか、社会人になってからこんなに何をやっても集中できなかったことは始めてで、危うくすべてに挫折しそうになりました。

今もあまり体調は良くないですし、モチベーションが高い訳じゃないのですが、仕事に個人作業に、無理矢理にでも集中力を上げていかないと、とにかく終わらないんですよね・・・終わらないとダラダラやってしまいさらに悪循環です。

これまで集中できなくて悩んだことがあまりなかったので、これを機に色々調べてみました。ネットには様々な方法がありましたが、私はどうも時間で区切るのは逆にストレスが溜まって、あまり好きではないんですよね。私が実践するとしたら、以下の3点が良いかなと思いました。

・「マルチタスク」より「シングルタスク」

余計なことは考えず、目の前のタスクだけに集中する。タスクに取り掛かっているときは、他の情報をなるべく遮断する。話しかけられたりしない静かな場所を確保し、ネットも切断する。

・小さな成果でやる気をつかむ

やる気が出ない時でも、少しでいいから始めてみる。簡単なこと、興味があることでいい。タスクに取り掛かり始めれば、徐々にやる気になり集中力が出てくる。逆に何も始めないと、いつまでも集中力不足を嘆き続けることになる。

・タスクを簡単にするか、タスクを減らすのに労力を割く

さぼっている訳ではないんですよ。タスクの消化に取り掛かる前に、タスクそのものの費用対効果が最大になることにも少しだけ労力を使うようにするということです。

複雑なタスクはできる限り細分化してシンプルなタスクにする。仕様が複雑なら仕様を簡単にできないか模索する。技術的に難しいことであれば、自分で調査するのは諦めて詳しい人に頼る。そもそもタスク自体を無くせないか考える。効果がほぼ同じなら、難しいことを簡単にしてから取り組んだ方が早く終わるはずで、タスクがサクサク終わっていくと、だんだん楽しくなってきて、気づくと集中しているはず・・・たぶん(汗

 

結局のところ、焦らず、無理をせず、過信せず、毎日継続して一定の成果を上げ続けることが大切ですよね。 というか、こんなこと調べてブログに書いてる暇があったら、さっさと開発を進めなさいという話もあったり、なかったり・・・

 

参考記事

ikiru-hataraku.jp

nolovenoteam.com

college.nikkei.co.jp