読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NinaLabo

個人ゲーム開発者の技術メモ

【Unity】DOTween のインストール

Unity
Unityで使えそうなTween系のツールとして、iTween、HOTween、LeanTween などありますが、コードが簡潔に書けるので、個人的には DOTween が好みです。アニメーションのほとんどは Unityアニメーション(Mechanim)で作っていますが、例えばA地点からB地点へ移動するアニメーションがあるとして、B地点がユーザーの入力によって動的に変化する場合などは、Tween系のツールを使って実装しています。

DOTween の読み方

ところで、DOTween って何と読むのが正しいのでしょうか。気になったのでインストール前に調べてみました。
開発者の1人である Daniele Giardini の YouTube を見ると「ドット トゥイーン」と言ってるように聞こえます。ただ、英語は最後のTの発音が弱くなるので、英語の音をそのまま日本語にすると「ドッ トゥイーン」でしょうか。少なくとも「ドゥ トゥイーン (Do Tween)」ではないですね。

DOTween のインストール

《Step1》 Asset Store から DOTweeen を ダウンロード

公式ホームページ(DOTween (HOTween v2))からダウンロードもできますが、アセットストアからダウンロードするほうがインストールが簡単です。

《Step2》ダウンロードした DOTween をインポート

今回、Exampleは必要ないので外していますが、すべてインポートしても大丈夫です。「Import」ボタンを押して、アセットをインポートしてください。

f:id:ninagreen:20151114142420p:plain

《Step3》インポートした DOTween のセットアップ

インポートすると設定画面が自動で立ち上がります。立ち上がらない場合は、Tools -> DOTween Utility Panel で開くことができます。「SetUp DOTween…」を選択して、セットアップを実行してください。実行中に表示されるダイアログはすべて OK で大丈夫です。
f:id:ninagreen:20151114142925p:plain

《Step4》インストール完了!

Step3 までを実行すれば、インストールは完了です。ただ私の場合、インストール時にコンソールログに以下のエラーが出力されました。
 
System.Reflection.TargetInvocationException: Exception has been thrown by the target of an invocation. ---> Mono.Cecil.AssemblyResolutionException: Failed to resolve assembly: 'UnityEngine.UI, Version=1.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null'
 
InvalidOperationException: Operation is not valid due to the current state of the object
System.Collections.Stack.Peek () (at /Users/builduser/buildslave/mono-runtime-and-classlibs/build/mcs/class/corlib/System.Collections/Stack.cs:321)
 
エラーが出るのはセットアップ直後の1回だけで、その後エラーは出ないし、動作にも影響がなさそうなので、ひとまずそのまま放置しています^^